ここが違います!

AIUの海外駐在員保険はここが違います。
一般の海外旅行保険とどう違うの?
長期滞在の駐在員の方に必要な補償をパッケージした海外駐在員専用のプランです。 期間の長い海外駐在には、海外旅行とは異なる状況が発生します。 一般的な海外旅行保険の補償と比較しながら、AIUの海外駐在員保険の特長をご説明します。

AIU海外旅行保険を申し込む

海外駐在
一般の海外旅行

海外旅行保険

最長6ヶ月までご契約可能
海外出張

海外出張・駐在保険
(出張者用プラン)
最長12ヶ月までご契約可能
海外駐在

海外出張・駐在保険
(駐在者用プラン)
最長12ヶ月までご契約可能
海外旅行保険と海外出張・駐在保険(出張者用プラン)の補償内容は
同一になります。
海外出張・駐在保険(駐在者用プラン)は、長期滞在に必要な特約や帯同されるご家族の補償がセットされています



出張者プランや一般の海外旅行保険と異なる補償

家族総合賠償責任

借用住宅火災賠償責任

一般の海外旅行や短期間の海外出張の場合には、ホテル等に宿泊される場合が多いようですが、海外駐在等で長期に海外に滞在する合は、アパートを賃貸契約する場合があります。
ここでご注意頂きたいのは、賃貸契約したアパートのご自分で使用している居室に損害を与えた場合には、一般の個人賠償責任特約では補償されず、 この借用住宅火災賠償責任により火災事故と漏水事故に限定して補償されます。

日常生活における個人賠償責任

ご家族の自転車が人にぶつかりケガをさせてしまった場合など


受託動産賠償責任

ホームパーティーでゲストから預かったコートにしみをつけてしまった場合など



被害者治療費用

来客が階段をふみはずしてケガをした場合など

オプション 家族総合賠償責任(自動車賠償責任補償)

家族総合賠償責任(自動車賠償責任補償)
自動車事故で現地で加入されている自動車保険では不足する賠償金をお支払します。

※日本の自動車保険は対人対物の賠償保険金額は無制限が一般的ですが、 外国の自動車保険では、そうでない場合もあります。

生活用動産(長期用)

生活用動産(長期用)
一般の海外旅行の場合には、テレビやタンス等を海外に持参する人は少ないと思いますが、、海外駐在等で長期に海外に滞在する場合には、特にアパート等を賃貸契約した場合には、ご自分のテレビやタンスを所有する事は多いようです。これらのテレビやタンスの損害は一般の海外旅行にセットされている「携行品」では補償されず、この生活用動産(長期用)により補償されます。
+

一般の海外旅行保険と共通の補償


傷害

交通事故にあいケガをされたり、スポーツ中にケガをされたり、階段から落ちて足を骨折された場合など

疾病

カゼ・下痢・盲腸などで治療・入院・手術を受けられた場合など

救援者費用

ケガや病気で3日以上入院、または事故により遭難し日本からご家族の方が現地に行く場合など

航空機寄託手荷物遅延

搭乗時に航空会社に預けた手荷物が、到着後、6時間以内に目的地に運搬されなかった場合

航空機遅延(オプション)

悪天候、機体の異常などにより搭乗予定の航空機が6時間以上遅延したり、欠航、運休になった場合など

補償内容簡易比較表

比較してみると、AIU海外駐在員保険の厚い補償内容が分かります!
海外駐在員保険は、駐在用にアレンジされた保険。海外に長期滞在・居住することで発生するリスクを考慮した補償内容になっています。
一般の海外旅行保険と海外駐在員保険との補償内容の違いについては比較表をチェック!

一般の海外
旅行保険
海外出張・駐在保険
(出張者用プラン)
最長6ヶ月までご契約可能 最長12ヶ月までご契約可能
傷害
疾病
救援者費用
※1 個人賠償責任
※2 携行品

航空機寄託手荷物遅延

オプション・航空機遅延
オプション・留守宅家財
※保険期間が1ヶ月以内のご契約にセットできます。

【オプション・緊急一時帰国費用】
配偶者または2親等以内の親族の死亡・危篤による一時帰国費用を補償

※保険期間が3ヶ月を超えるご契約にセットできます。

海外出張・駐在保険
(駐在者用プラン)
32日以上12ヶ月まで契約可能
傷害
疾病
救援者費用
海外留学保険 ここが違います! 【家族総合賠償責任】
火事などによる家主への賠償責任なども補償
海外留学保険 ここが違います! 【生活用動産(長期用)】
住居内の家財や身の回り品も補償
航空機寄託手荷物遅延
オプション・航空機遅延
オプション 
【家族総合賠償責任】自動車賠償責任補償

自動車事故で現地で加入されている自動車保険では
不足する賠償金をお支払します。

【オプション・緊急一時帰国費用】
配偶者または2親等以内の親族の死亡・危篤による一時帰国費用を補償

※保険期間が3ヶ月を超えるご契約にセットできます。

※1 個人賠償責任では、建物またはマンションの戸室全体を賃借している場合、その部屋に与えた損害についてお支払いできません。海外赴任中に建物またはマンションの戸室全体を賃借する場合および生活用動産を購入される予定がある場合は、駐在者用プランをお勧めします。
※2 出張者用プランの携行品では、身の回り品が賃貸契約した居住施設内にある場合は保険の対象に含まれません。 また家財道具は携行品ではありませんので、保険の対象に含まれません。

AIU海外旅行保険を申し込む

駐在保険オンライン契約はこちら